ぎっくり腰の原因と改善方法

ぎっくり腰での冷湿布の使いどころについて

 

ぎっくり腰は「魔女の一撃」なんて西洋では呼ばれてるだけあって、突然襲ってきます。

 

もし、ぎっくり腰になってしまった場合、すぐに冷湿布で患部を冷やすというのは正しい方法です。

 

 

腰を痛め、ぎっくり腰になってすぐというのは腰周りの筋肉か靭帯が炎症を起こしている状態です。

 

その為、ぎっくり腰になってすぐに腰に冷湿布を貼って冷やすのは良いとです。

 

ただ、冷湿布を貼るのはぎっくり腰になって当日か2日目までにするのが良いです。

 

それ以降はもう炎症が治まっている場合が多いので、今度は温湿布に切り替えるなどして温めるという事をした方が良いと言われています。

 

この様に、冷湿布を貼るのはぎっくり腰になって炎症を起こしているすぐがベストです。

 

冷湿布を使うなどして患部を冷やすと痛みが少しずつ治まるのですが、だからといって矢次早に冷湿布を貼り続けていてはいけませんし、同じものをずっと貼っていても良いわけではありません。

 

皮膚に貼ることで有効成分を湿布の下の組織に浸潤させてくれる湿布です。

 

痛みが引くからと言って貼り続けていれば湿布かぶれや湿布負けにつながります。

 

きちんと時間をおいて貼るようにしたり、新しい湿布との貼りかえを行うことが大切です。

 

現代では、湿布に有効成分が含まれているものや、ただ貼って冷たいだけの湿布もあるので使用する時には用途に合わせて使用しましょう。

 

また、湿布の交換時間は一概には言いきれませんので、医師の指示や説明書を十分に読み使用した方が良いです。

 

なお、ぎっくり腰の対処法や改善方法などは人によって当然異なりますので、自己判断をせずに、必ず医師や医療機関、あるいは他の医療系国家資格者による専門家に相談した方が良いです。

 

ぎっくり腰での温湿布の使いどころについて

 

そもそも、ぎっくり腰というのは筋肉や靭帯が重くとも軽くとも炎症を起こしている状態です。

 

炎症を起こしている時に温めてしまうと、炎症箇所は広がってしまいます。

 

つまり、ぎっくり腰になって当日か2日目程度は炎症は治まらないので湿布などで温めるという行為は良くないのです。

 

 

その為、状況を見て目安として3日目くらいから温湿布に切り替えると、治りが早くなると言われています。

 

ただ、ぎっくり腰は人それぞれによって症状が異なるので十分に注意が必要です。

 

ぎっくり腰の症状がある程度収まってきた場合、温湿布に限らずに、湯たんぽやホッカイロ、温かいお風呂に入ることも良いです。

 

また、自然な太陽の光で温めることも良いのですが、夏などの直射日光には要注意です。

 

ぎっくり腰になってすぐに冷湿布というのは効果を発揮するのであって、炎症が治まってきた時には温湿布がベストというわけです。

 

また、湿布の貼りすぎというのはやっぱり良いことではありません。

 

湿布かぶれや湿布まけになってしまうこともあるので、貼る個所をズラしたり、貼らない時間をきちんと作る事も大切です。

 

湿布といえども薬には変わらないので使用には十分に注意しましょう。

 

なお、ぎっくり腰の対処法や改善方法などは人によって当然異なりますので、自己判断をせずに、必ず医師や医療機関、あるいは他の医療系国家資格者による専門家に相談した方が良いです。

ぎっくり腰での湿布の使いどころ関連ページ

ぎっくり腰が楽になるストレッチ
ぎっくり腰の原因や改善方法などぎっくり腰を上手に対処する方法をご紹介します。
ぎっくり腰と姿勢について
ぎっくり腰の原因や改善方法などぎっくり腰を上手に対処する方法をご紹介します。