ぎっくり腰の原因と改善方法

ぎっくり腰の原因

 

ぎっくり腰は腰椎が瞬間的にずれてしまうことが原因でおこるといわれています。

 

腰椎がずれることによって腰の筋肉が負荷に耐えられなくなってしまい炎症がおこることでひどい腰の痛みを感じるといわれています。

 

なぜ起こるのかというと直接の原因はそれは人の数だけ理由があるといえます。

 

まず慢性的に腰に負担がかかっていて、腰の筋肉の疲労度がある日突然許容量を超えてしまってぎっくり腰になる場合です。

 

この場合はそれこそ躓いたからや荷物を持った瞬間など日常のなにげない動作で腰に激痛が起こります。

 

また、骨格が歪んでいる事もぎっくり腰を引き起こす要因の1つです。

 

ゆがみにより筋肉のバランスが悪くなることでやはり筋肉疲労が起こってしまうからです。

 

そしていきなり腰に急激な負担をかけた時にも起こる可能性があります。

 

ぎっくり腰の症状とは

 

ぎっくり腰は、急に発生する腰痛の総称であり、その原因はさまざまですが、症状としては予兆なく「グキッ」とした衝撃とともに強烈な痛みが腰周辺を襲うというものです。

 

原因としては腰椎椎間板の一部が断裂したり、椎間板ヘルニアや、腰部椎間関節症、腰椎圧迫骨折などが考えられます。

 

いずれにしても背骨を構成する骨が異常を来すことにより、周辺の神経を圧迫し、強烈な痛みが襲うというものです。

 

そのため、ぎっくり腰になると立っていられないほどの痛みが症状として現れ日常生活に支障を来すことになります。

 

治療法に関しては、自然に痛みが治まるのを待つか、神経を圧迫している物質を切除する方法があります。

 

また応急的に通神経ブロックで痛みを麻痺させるのも効果的です。

 

色々とポイントがあるぎっくり腰の対処方法について

 

ここでは、ぎっくり腰になった時の対処方法について知っておくととても便利なのでご紹介します。

 

一般的にぎっくり腰になった時は、まず冷やすようにすると良いといわれています。

 

その理由として炎症を起こした状態になっているため、筋肉が腫れてしまっているはずです。

 

その腫れをおさめることがとても大切なので、冷やすようにします。

 

氷袋などをあててもよいですし、冷たいシップなどを貼ってもよいです。冷やした状態で必ず安静にします。

 

うつ伏せになって寝転ぶか、横向きになって寝転ぶようにしましょう。

 

仰向けになって寝るようにすると、腰に負担がかかってしまうので、避けた方がよいです。

 

少しでも動くことが出来るようになるまで、しばらくは安静にします。動けるようになってから、整体や整形外科などに行くようにしましょう。

 

このように、ぎっくり腰の対処方法には、色々とポイントがあります。

 

ぎっくり腰の改善方法について

 

少しでも早くぎっくり腰を改善したいと考えた時安静にしている事が1番良いと考える人は少なくありません。

 

確かに、痛くて動けない為、痛みが一番少ないと感じる姿勢で、痛みが落ち着くのを待つ事が大切です。

 

その間は、痛みを感じる部位に手を添えていると、早く痛みがおさまる事になります。

 

そして、痛みがおさまったら、少しずつ動く事を心がけていく事が大切です。

 

急激に動くのは良くありませんが、無理のない程度に痛みを感じていた部分の筋肉をほぐしていく事で、固まってしまった筋肉をほぐし、早く症状を改善していく事が出来ます。

 

ぎっくり腰になったら、最初は安静にしている事が大切ですが、痛みが落ち着いたら、動くようにしていく事がお勧めです。

 

また、こちらではストレッチによって腰痛を改善する方法をご紹介しています。

 

 

このストレッチは5分程度のストレッチを行い体を柔らかくしていきます。

 

また、このエクササイズは慢性腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、

 

分離症、すべり症、側弯症など、全て適応しています。

 

腰痛改善ストレッチ福辻式DVD 詳細はこちらをクリック♪